うつ病になる原因は人それぞれなのですが、基本的に「大きなストレスやプレッシャー(精神的な圧力を感じることをいいます)が原因」とされています。ストレス(人間関係が主な原因になることが多いですね)といえば、悪い事・イヤなことと思われることが多いでしょう。実際、現代社会では仕事のストレスによってうつ病を発症する人が一番多いのではないでしょうか?特に、中間管理職の人にうつ病は多いと言われており、上司と部下との板挟み状態が激しいストレス(完全になくすというのはなかなか難しいでしょう)となることはよく知られています。しかし、実際にはそういう嫌なことばかりではなくて、嬉しい事でもうつ病を発症する人が案外多いことが統計として出されています。例えば、結婚や進学、昇進といった事が原因でうつ病(心の風邪なんて表現をされることが多いですが、治りにくさは風邪どころではないようです)を発症する人も多いのです。結婚が嫌でうつ病になりますのではなく、新しい生活へのプレッシャー(跳ね返せる人だけが成功できるといっても過言ではありません)が原因(どうがんねってもわからないことも少なくありません)と言われています。マリッジブルーという言葉は多くの方がご存知ではないでしょうか?これも軽いうつ病と考えて良いと思います。結婚が嫌なのではなく、結婚生活に対する不安やプレッシャーが原因なので、誰にでも起こりえます。それと同様に、昇進や進学においてもうつ病を発症する人がいます。5月病というのも、やはり軽いうつ病に分類して良いでしょう。また、真面目な人ほどうつ病になりやすいと言われていますが、それは真面目な人ほど理想と現実のギャップに対する(全くないというのも逆に健康にはよくないそうです)が大きいからです。世の中、自分の思い通り・計算通りに進むことはあまりありませんが、どうしても理想通りの結果を求める人は鬱病(似たような症状の病気もあるので、診断がとても難しいでしょう)になりやすいと言われていますー